小規模宅地の特例と空き家対策

小規模宅地の特例と空き家対策  ご両親の自宅は、相続後誰が住む?                 ○相続人が住めば、小規模宅地の特例で評価8割減に!   居住用 330㎡ 事業用 400㎡・・・最大適用 730㎡   ※駐車場や賃貸住宅など貸付事業用宅地は最大適用200㎡で5割減                ○空き家になれば、早めの対策が必要です!   「特定空家」に指定されると、撤去・修繕等の是正措置が取られる場合も    さらに固定資産税などの住宅用地特例から除外される可能性あり                        ↓  相続または介護施設入居等で「空家」になった日から3年以内の売却で  居住用財産の譲渡所得3,000万円の特別控除の特例対象に                            ※一部適用のための条件あり

M&A・相続事業承継に関するご相談は、M&A弁護士・M&A総合法律事務所にいつにてもお問い合わせください。
ご不明な点等ございましたら、いつにてもお問い合わせいただけましたら幸いです。

お問い合わせ・無料法律相談