相続対策の3つのポイント 争族対策 節税対策 納税資金対策

相続対策のポイントは3つやっておくべきことは、基本的に3つです  1)争族対策    相続が「争族」にならないために  2)節税対策    相続税を出来るだけ低く抑える  3)納税対策    相続税は、10ヶ月以内の現金納付が原則   

相続対策の基本①(争族対策)遺族が相続でモメないために・・・   ○まずは、状況把握      財産を一覧にまとめておく   ○船頭を決める      リーダーを決めないとまとまらない   ○被相続人の想いをカタチにしておく      遺言書(エンディングノート)を作成する   ○全体をコーディネートできる第三者に相談する      当事者の利害・感情理解した相続の専門家    

相続対策の基本②(節税対策)相続税を少しでも抑えるために   ○相続税の優遇税制のメリットを徹底活用する     特に生前贈与、生命保険、不動産にメリット有り   ○相続財産を圧縮する     資産の評価減、生前贈与を計画的に!                ↓  節税対策は、生前贈与・生命保険・不動産がキーワード

相続対策の基本③(納税対策)相続発生から10ヶ月以内の現金納付が原則!   ○納税資金を相続人が現金で用意する方法は?     ここでもやはり、生命保険と贈与が有効   ○特に不動産やオーナー家の自社株は要注意!     長期間かけて計画的に対策する必要有り            ↓   少しでも早く始めるほうがメリットあり       確認は今すぐにでも!

相続対策のまとめ親族会議資産一覧の作成遺言書争族対策今後のライフプラン計画賃貸経営不動産、持ち株の現金化相続優遇税制の活用生前贈与生命保険不動産節税対策納税対策法人活用

M&A・相続事業承継に関するご相談は、M&A弁護士・M&A総合法律事務所にいつにてもお問い合わせください。
ご不明な点等ございましたら、いつにてもお問い合わせいただけましたら幸いです。

お問い合わせ・無料法律相談