遺留分と相続人の子への贈与

遺留分と相続人の子への贈与

被相続人が現金を保有している場合、相続人(子)の子(孫)に暦年贈与することにより、他の相続人(子=相続人の兄弟姉妹)の相続分や遺留分を減少させることができます。

相続人(子)の子(孫)は、相続人本人ではないので、基本的に、贈与したとしても特別受益にはなりません。