相続(遺産の使い込み)問題の解決事例5【長良川木材事件(仮称)】

【長良川木材事件(仮称)】

赤の他人の女性(お婆さん)が叔父の愛人として自宅に同居人として住み付き、叔父の高齢化に伴い、叔父の財産を管理するとともに、親族の知らないうちに、叔父のすべての遺産をすべてはすべて自分に来るように遺言を書かせ、叔父の財産を使い込んだ事例。

依頼者

長男

相手方

赤の他人の男性と次男

事案の概要

長年にわたって甥が叔父の世話をしてきた事例であるが、叔父には相当の財産があったため、赤の他人の女性(お婆さん)が叔父の愛人として自宅に同居人として住み付き、叔父の高齢化に伴い、叔父の財産を管理するとともに、結婚して入籍まではしなかったが、甥の知らないうちに、叔父のすべての遺産をすべてはすべて自分に来るように遺言を書かせ、叔父の財産を使い込んだ事例。
なお、叔父とその赤の他人の女性(お婆さん)は相互遺言を行っており、その赤の他人の女性(お婆さん)の遺産もすべて叔父に来るように遺言が作成されていた。ただし、その赤の他人の女性(お婆さん)は財産はほとんど持っておらず、叔父の財産目的であったことが明らか。
その赤の他人の女性(お婆さん)の金遣いが荒くなったことに心配した甥が、その赤の他人の女性(お婆さん)の素行を調査し始めた。
甥には遺留分が存在しないため、故の遺言が有効であるとすると、甥には一切の相続権が認められなくなってしまう。

結果

遺産分割調停の結果、叔父がその赤の他人の女性(お婆さん)に、嫌々、遺言を書かされた事実が判明し、遺言無効を主張するとともに、脅迫・横領の嫌疑で刑事告訴を準備しつつ、遺産分割を拒否するとともに、遺産分割の請求を諦めさせた。

 

 

 

※ なお、弁護士の守秘義務の観点及びノウハウ保持の観点から事実関係についてデフォルメさせて頂いています。

相続問題に関する記事

M&A・相続事業承継に関するご相談は、M&A弁護士・M&A総合法律事務所にいつにてもお問い合わせください。
ご不明な点等ございましたら、いつにてもお問い合わせいただけましたら幸いです。

お問い合わせ・無料法律相談