相続税

相続人が、相続や遺贈等により亡くなった人の遺産を取得した際、当該遺産の価額の合計額が、相続税法が定める基礎控除額(3000万円+600万円×法定相続人)を超える場合に、当該超過分の遺産に対し課税される国税をいう。

⇒「用語集:M&A用語解説トップ」に戻る

 

M&A・相続事業承継に関するご相談は、M&A弁護士・M&A総合法律事務所にいつにてもお問い合わせください。
ご不明な点等ございましたら、いつにてもお問い合わせいただけましたら幸いです。

お問い合わせ・無料法律相談ツ黴€