相続の基礎知識

相続の基礎知識

相続問題は初めて経験される方が多いと思います。また、遺産分割は争いになると、複雑で解決するまでに時間がかかります。
相続は、亡くなった人の権利・義務などの法律的な関係が包括的に相続人に移ることです。この亡くなった人のことを「被相続人」といい、相続によって法律的な関係を引き継ぐ人を「相続人」といいます。どういう人が相続人になるかは、法律(民法)で決められており、おおざっぱに言えば、亡くなった人(被相続人)の子どもであるとか、その被相続人との間に一定の身分関係がある人になります。

実際に、相続・遺産分割を進めるにあたっては、

まずは誰が相続人なのか?
財産がどれだけあるのか?
遺言は残されているか?
財産をどのように分けるか?
相続税は発生するのか?
をきちんと調べる必要があります。
間違いがあればすべてやり直しになってしまうこともあります。

相続に慣れている方はいません。ご不明点がある場合や、トラブルが想定される場合は、個別の問題については、専門家である弁護士にご相談ください。

M&A・相続事業承継に関するご相談は、M&A弁護士・M&A総合法律事務所にいつにてもお問い合わせください。
ご不明な点等ございましたら、いつにてもお問い合わせいただけましたら幸いです。

お問い合わせ・無料法律相談